ゲームの実況・生放送等に関する規約改定(2019/3/14)

こんばんは早見です!
なんか急に寒くなってきましたね(´・ω・`)
寒暖差で風邪ひきそうです!
桜の開花予想も出たというのに……早く暖かくなってくれ~。


◇ゲームの実況・生放送等に関する規約改定(2019/3/14)

改定……というか、これまで規約はほぼないも同然だったのですが、ふりーむ!さんでも最近はゲームの実況・生放送について明記しているゲームが増えた(テンプレートができたみたいですね)ようなので、うちも最低限の規約を設けることにしました。

以下、変更点です————————————–


おそらくそういった心配はないかと思うのですが、念のため『営利目的は禁止』の規約を追加しました。
今後はこの規約でいきます(これから先公開するゲームには、公開場所にもその旨を記載する予定です)。
二行目は定型文というか、まあそりゃそうだよねって感じですが、ついでに入れておくことに……w


あと免責事項も追加しておきました。
こちらもサイトにだけ置くのもあれなので、今後配布するゲームにはテキストで同梱したいと思いますっ。

以上!————————————————–

ほんとに最低限です(*・ω・)

二次創作(ファンアート含む)の規約は変わってません。
一言でまとめると「どんなものでもOK! そのかわり私はなんの責任もおわないよ!」って書いてあるだけです。

個人的にはこの「なんでもいいですよ」みたいなスタンスが好きなんですが、不要なトラブル回避のため、最低限のルールは設けるようにしていきたいです。
ちなみに(いつもながら)なにか問題があったわけではないので!
たくさんの方にお世話になっている状況を鑑みて、もしものケースを想定しての対応です。

これからもたくさんゲームを公開し続けるための規約改定ですが、もっとこうしたほうがいいんじゃない? 
みたいなご意見がありましたら、こっそり教えていただければ大変ありがたいです。

拍手ありがとうございます!
10パチ嬉しいです! 一言メッセージもめっっっちゃ嬉しいです!!!(´;ω;`)
これからもゲーム作っていきたい!!!!!

↓↓コメントお返事↓↓
Continue reading

結論は『あらかるた』

いつのまにか2019年も1/6が終わってしまったということで、ちょっとマジメに振り返ってみます。
今年は、リアルの生活と趣味の創作活動との両立を(これまでのところは)順調にやれていて、この生活リズムができる限り長く続けばいいなあと思っているところです。

フリーゲーム制作サイトを開設してゲームの公開をはじめたのは2013年だったので、早いもので今年で6年になります。
作品をオンラインで公開していると結構いろいろなことがあるもので、嬉しいことも悲しいこともありました。
創作に関する悩みも数えきれないくらいありました(いまもありますが)。
数えきれないくらいある中で「ああ、いつもこれで悩んでるなあ」といえる悩みが、

『趣味だから楽しむことが最優先でその時やりたいことをやったほうがいい』
vs
『趣味であっても本当にやりたいことを成し遂げるためにはその時やりたくないこともやるべき』

です。

私にとっては命題ともいえるかもしれません。
そしていまも明確な答えは出せていません。
これの答えが出せていないからこそ、『ゲームの完成予定日は決めない』と言ってみたり、やっぱり『ゲームの完成予定日を宣言したい』と言ってみたりしてるわけでw
ほんと軸がブレブレで、ポーヨラ定期を見てくださってる方々に対して申し訳ない気持ちになったりもします……。

『命題』について、サイトの遍歴を振り返りつつ、ちょっと具体的な話をします。

2013年、砂漠あらかるたがFC2で運営されていたころ、ポーヨラ賢者奇譚のタイトルは『メルト(仮)』でした。
構想を固めるうちにタイトルが正式決定し『ポーヨラ賢者奇譚』になりました。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

しかしこの後、2014年に写真素材を公開したことで何かヘンなスイッチが入ってしまい、「どうしても写真素材サンプルゲームをつくりたい」という誘惑に見事に負け、『ヒュムネ―出られない村―』を作ってしまいました。

完成後、よーし長編の制作に戻るぞ!
と気合を入れ直します。時は2015年3月。
そしてここでリセット。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

うーん、迷走しているw

まあでも、この時の方針転換はやってよかったです。
シナリオもシステムも全体的に見直したおかげで、より『自分がプレイして楽しいと思えるゲーム』に近づいたと思います╰(*´︶‘*)╯

長編をつくるにはアドリブに頼りすぎでは? という気づきもかなり大きかったです。
いまでも私はツクールにセリフ直打ちのアドリバーですが、ヒュムネの頃はもっと無計画だったので……。
きっと当時の私では長編は無理だったと思います(おそらく途中で構成破綻する)。
最近やっている、大枠のみ決めてセリフのみアドリブ方式は(現時点までは)うまくいっているので、方向転換したことはまあよかった。

そしてこの後、ポーヨラの制作に戻るぞ! という舌の根も乾かぬうちにコミティア参戦へ。
どうしても自作ゲームの本やグッズを頒布してみたいという誘惑に打ち勝てませんでした。
『緑玉ノスタルジア』を描いたり、グッズをつくったり、もうめっちゃ楽しかったです……。
そんなこんなで2015年は終了。

2016年は真面目に制作、すると思いきや、自分の創作物に対する悩みが突然大きくなり、なりすぎて活動停止。
3月ごろは本気で閉鎖を考えていました。

そして復活しますが、春の空気による不可抗力でタニカの日記+ラインアマド語を考えてはじめてしまい、寝食も忘れて(大げさ)架空言語制作へ。
モノドリ後日談SSはこの時生まれました。

そしてその後、秋になりツクールフェスが発売されると誘惑に負けて購入してしまい、「これがツクラーのSagaですよ」とか言いながら『白夜と魔法のナナカ』を制作しはじめます。
2016年は終わり、2017年になってナナカ公開。

そしてまたポーヨラの制作にもどり、いまに至ります。

と、まあ振り返ってみるともう完全に誘惑に負けすぎです。

よくフリゲで「制作期間◎◎年」の記載がありますが、ここまで別のことやってるともはや制作期間の測定は不可能な気がしますよ!

この誘惑に負けている部分が『趣味だから楽しむことが最優先でその時やりたいことをやったほうがいい』という考えです。
でも例えば、誘惑に負けて架空言語制作をしている間にも『趣味であっても本当にやりたいことを成し遂げるためにはその時やりたくないこともやるべき』という考え自体はずっと心の中にあって、「ああ、ポーヨラの制作やらなきゃな、また完成が遠くなるし……」という一種の罪悪感を持ちながら架空言語を考えてたりしました。
まるで「テストの前日になると急に部屋の掃除がしたくなる」っていうアレみたいです。

その時々で、「長編が完成するまでは、他の創作は控えて長編制作に集中しよう!」と思うこともあれば、「趣味なんだしその時作りたいものを作ったほうがよくない?」と思うこともあります。
ずっとブレブレです。

なんだかとりとめのない話になってきたのでまとめますが、現時点での私の結論は『自分の気持ちに逆らわない』です。

ポーヨラの制作にしろ他の創作活動にしろ、火がついている期間というか、「その創作をやりたい!」 という波が来ているときの「それをしたいという気持ち」って本当に強いんですよ。
今月は架空言語をめっちゃ考えてしまう! とか、今月はポーヨラの制作をずっとやってる、やめられない! みたいな波。
もうずっとそのことを考えている感じです。仕事中にアイディアを思いついて早く帰って創作の続きやりたいって思ったり、余暇の時間をぜんぶつぎ込んでもまったく苦にならなかったりとか。
そういう波の持続期間はわりと短いことが多くて、1か月持てば長いほうって感じです。
でもその時期が一番楽しいというか、創作の喜びみたいなものをとてもとても強く感じる時期です。

趣味として活動するうえで、その波に逆らうのはやっぱり何か違うと思うんですよね。
だからこれからも、やりたいときにやりたい創作をしたいなあと考えています。
『自分の気持ちに逆らわない』、波に乗る。

個人的に嬉しいと感じているのは、この波、『ポーヨラの波』も定期的に訪れるということです。
いまも、昨年も、3年前も、5年前も、まだ『メルト(仮)』だったころからずっと、「私の中にあるこの世界と物語を形にしたい、完成させて世に出したい」という気持ちは変わっていません。
大げさでなく、本当に変わらず心の中にあります。
ということはきっと、もっと時間が経っても変わらないんじゃないでしょうか。
いまみたいに、絵を描きたいときは絵を描いて、短編ゲームのネタを思いついたら作って公開して、ポーヨラの波が来ているときは思いっきり進めて、それで完成までもっていけたらいいなあと思っています。
これとかなんだったんだよって感じですが、つまるところ、いつもこの悩みを抱えているということです。
……と、言いつつも「でも2019年はポーヨラの制作時間をできるだけたくさん確保しないとね」とまだ考えている私もいます。
やー、ほんとブレブレですね! ブレブレあらかるた。

でも、『ポーヨラの息抜きに長編ゲームをつくり始めることはしない』ということだけは自分との約束です。
これまでそんな気分になったことはありませんが、仮に別の長編ゲームをつくりたい波が来たとしたら、その時はその波に逆らってポーヨラを作ります。
そして思いついたネタをポーヨラに盛り込みます。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

これまで「これがやりたい!」という強い誘惑により、いろいろな創作物やその派生物を完成させることができたのもまた事実なので、もうそういう性質なんだと思うことにします。性質と書いてSagaと読んでほしいです(謎)。

いまさらですけど、創作の息抜きが創作ってどういうことなんでしょうね。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

突然ブログを書き始めたのも、やりたいときにやりたいことをやっている結果です。
勢いで心の内を吐露してしまって、明日になったらめっちゃ恥ずかしくなったりしてw