鬼滅の刃のこと(※ネタバレなし)

アニメから入った鬼滅の刃、1巻から読み進めてついに19巻の途中まできました! 物語も佳境。もう本当に、本当に言葉がないです。熱いぞ……!

鬼滅の刃、すごい作品です。

ジャンプの根底に流れる努力・友情・勝利のコンセプトを抑えつつ、人の心の弱さとそれを乗り越えることの尊さを描き切っていて感動します。命の儚さ、残された者達の悲しみ、そして受け継がれる遺志。魂が揺さぶられる……!! バトルも多様な技に彩られた鬼気迫るもので、読みだしたら止まりません。テンポもよいのでどんどん読んでしまう。くせになるテンポのよさ。詳細な世界観設定や人物説明を大胆に省いて、おまけページに回しているのが効いてるのかも?

そして何より、登場キャラが個性的でみんな魅力的。萌える。もう本当、読んでよかったです。令和の傑作ですね。これは伝説になる。

あと少しで最終巻にたどり着いてしまうのがさみしいですが、中途での打ち切りではなく満を持しての最終回みたいなので、読むのが楽しみです!

 

ちなみにいちばん好きなキャラは義勇さんです。義勇さんかわいいよ義勇さん。

前の記事

小さな図書館

次の記事

ベランダ物語 #4